モノにこだわって生きる
三島 大世Mishima Taisei
  • プロダクトデザイナー
  • 東京
  • 誕生!
    東京・板橋に生まれる。小さい頃からモノを作ったり分解したりするのが好きだった記憶がある。(写真は俺ではない)
  • 高校入学
    家から一番近いという理由で地元の高校に入学。この頃からものづくりに関わりたく、エンジニア目指して理系分野を勉強。
  • 柔道部
    実際の高校の思い出は多くは柔道部。朝練、昼錬、夜錬、長期休みは合宿。ひたすら柔道漬けの日々の3年間。
  • 初海外
    柔道の国際交流でアメリカ・シアトルに。ここで日本以外の文化を肌で感じ、異文化交流の楽しさを感じる
  • 大学受験失敗で浪人
    夏に柔道部を引退して筑波大学理工学群を受験したが、合格できず浪人へ。この頃から自分がものづくりの何をやりたいかを本格的に考え始める。
  • モラトリアム期
    浪人したり、就職したり、アルバイト3つ掛け持ちしたり、カナダに行ったり、色々やって悩んでいた時期。自分は何がやりたいか3年間ずっと考えていた
  • プロダクトデザインに出会う
    そんな時に榮久庵憲司さんの著書を読み、本当に衝撃を受けた。こんなに面白い世界があるんだと知った。すぐに行動に移した
  • イギリスの美大に入学
    デザインをやりたいと思った、その3か月後にイギリスの美大に入学。すぐにでも行動しなくては爆発しそうで、あの決断は最速で最大だった
  • 1年目 デザインに夢中
    プロダクトデザインが楽しくて楽しくて、一日中ずっとデザインをしていた。自分がやりたかったのはこれだと確信した
  • 2年目 もっと夢中に
    大学に入学した時からデザインへの熱が止まらず、今もそれがずっと上がり続けている
  • イタリアに交換留学
    イタリアのデザイナーであるアキッレ・カスティリオーニが好きすぎて、ミラノの美大に半年ほど交換留学。イタリアのデザインに毎日触れられて最高
  • 首席で卒業
    無事にイギリスの美術大学を首席で卒業。帰国するか、就職するか、独立するか。何にしても自分が面白いと感じる方を選ぼうと決めていた
  • 帰国
    そのままイギリスに残る選択肢もあったが、日本でやりたいことがあったので帰国。そのやりたいことは、日本のものづくりを盛り上げたい!
  • フリーランスとして活動
    現在はフリーランスのプロダクトデザイナーとして、地場産業と防災という二つのテーマを持ちつつ、幅広いカテゴリーのプロダクトをデザインしている。

東京を拠点にフリーランスで活動しています、プロダクトデザイナーの三島と申します。

主に伝統工芸、日用品、家具、防災用品などの商品開発及びプロダクトデザインを行っています。
現在は地場産業の特徴や技術を活かすデザイン活動を精力的に行っています。

真面目な話はこの辺にして、趣味の話でも少し。
お笑いが好きです。作業中はひたすら芸人のラジオ聞いて、時間があったら漫才をずっと見てます。コントも好きです。
好きな芸人は「オードリー」と「金属バット」です。

あと漫画が好きです。おそらく漫画に一番時間を使っているんじゃないかと思うぐらい好きです。
好きな漫画は「からくりサーカス」と「宇宙兄弟」です。

ちょっと気になるなと思う方が居たら、ご飯でも行きましょう!
会ってみたい、話してみたいでも気軽に連絡ください。



三島 大世 TAISEI MISHIMA DESIGN

http://taiseimishima.com

  • 2017
    工芸

    現在は地場産業の特徴や技術を活かすデザイン活動を精力的に行っている。具体的に言うと、磁器・漆器・木工・金属など新しい商品のデザインや企画に携わっている。伝統工芸をメインに仕事をしている20代のプロダクトデザイナーは自分だけだと思うので、特にこれからは工芸に力を入れていきたい。

  • 2018
    防災

    2018年には防災士の資格を取得し、防災デザイナーとしても活動を広げる。被災者へのインタビューや調査を通して、実体験に基づいた防災用品の企画開発を行い、プロダクトデザインにも携わる。

  • フォーマルなシーンで関わりのある人たち(例えばお仕事仲間など)からの紹介文が掲載されます。
    ご本人をよく知る周囲の人たちの紹介は、きっと信頼できるものでしょう!

  • フォーマル紹介文はまだありません。
    プロフィール画像
    This is me.さん
    前職の上司
    何事にも誠意をもって丁寧に取り組む姿から、社内外で絶大な信頼を得ていました。
    愛されやすいキャラクターも合間って、新規のお客様にもすぐに気に入ってもらっていたようで、安心してお客様対応の第一線を任せることができました。
  • フォーマル紹介文とは違い、ライトでカジュアルな紹介が掲載されます。
    幼馴染や、仲の良い友達の言葉は、あなたが知らない一面を見せてくれるかもしれません!

  • カジュアル紹介文はまだありません。
    プロフィール画像
    This is me.さん
    高校の同級生
    同じバスケットボール部で3年間を過ごしましたが、一見ゆる〜く見られがちなところはあれど、人一倍熱いものを内に秘めているのはみんな知っていました。
    アピールはうまくないかもしれないけど、見えないところでもしっかり努力できる人なので、誰よりも着実にうまくなっていきました。
  • 三島 大世さんを紹介しませんか?
    紹介文を書く